ZRR80Gリアブレーキシュー交換(73,450km)

ドラムブレーキはリーディング&トレーリング方式。そう、シューはリーディング側とトレーリング側で違います。当然1輪分として売られているものと思いきや、リーディング側、トレーリング側のみが2枚として売られているんですね。これを知らずにトレーリング側2枚を2セット注文し、失敗しました。結果、使わないトレーリング側シューが2本残りました。 減りもリーディング側が多いようなので、使うことはないでしょう。 ブレーキシュー交換をしたい方、差し上げます(涙)。

はじめ、トレーリング側を2箱(4本)購入してしまい、あとからリーディング側1箱購入、計3箱となりました。

交換

はじめに申し上げますが、ノアのブレーキシュー交換は7万㎞位の走行では全く交換の必要はありませんでした、私の場合。走行の7割はAnycaでの貸し出しなので、比較的高速道路の割合が高いこともあるかと思いますが、フロントブレーキは6.8万㎞で交換時期となったことから、ブレーキを使わない走りをしていた訳ではありません。ドラムブレーキ、そしてリアということで減りが少ないということなのでしょう。

今回は交換する必要がないかもしれないけど、ドラムブレーキを分解して摩耗チェックする時に、どうせならシューの値段は安いから交換してしまおうと思ったのが発端です。で、交換しようと思ったらトレーリング側を2セット買ってしまったことを分解した時に気づきました。そして、交換の必要がない程度の摩耗しかしてしていないということも確認したのですが、一度交換しようと思ったのでリーディング側のブレーキシューを購入し、再作業で交換しました。

購入

シューは安いですね、1台分で3,000円しません。今回もいつもお世話になっているモノタロウです。

ブレーキシューの交換は、実は初めてでした。だからやりたかったということもあります。しかし、これほど交換が難しいものとは思いませんでした。取り付けが、コイルバネやクリップで行われているので、よく覚えておかないと取り付けの時に悩みます。写真をたくさん撮っておかないと後悔しますね。左右、上下、裏表、いったいどうやって付いていたのか悩みながら交換完了です。この日、真夏日で炎天下の作業だったこともあり、左後輪を交換したのみで作業は終えました。まだ交換が不要であったことと、作業を経験し、満足したので良しとしました。

交換前です
交換後
交換後
分解前のトレーリング側のサイドブレーキのワイヤーが取り付けられている部分。部品はC型のクリップで取り付けられているので、ペンチ等でクリップを開いて取り外し、締め付けて取り付けです。本当は再利用不可部品だろうけど、ブレーキシューに付属していなかったので再利用しました。
分解前のトレーリング側ブレーキシュー。プレートの向きとか部品の方向を覚えておかないと。逆でもその場では取り付けられてしまったりするから始末が悪い。
左が7.3万km走行したもの、右が新品のリーディング側ブレーキシュー。摩耗は3割くらいかと。ということは20万kmくらい持ってしまう?
リーディング側のシューに取り付けられている部品を新しいシューへ移植。こちら側はC型クリップはなく、バネのみ使用。しかしこんなとるけでいいの?という感じで組み上げます。設計はもう少しどうにかならないものでしょうか。
分解前に、構造を保存する意味で撮影。シューの下部。バネが2本使われています。
分解前の構造確認で撮影。シュー上部にあるピストンがシューを外側へ押し出しブレーキがかかる。上部は1本のバネが使用されている。ピストンからの液漏れは無いので何もしていない。

ZRR80Gワイパーゴム交換(73,300km)

運転席側のワイパーが何本も吹き残しの線が残るようになってしまったので交換しました。運転席側だけです(笑)。ちょっとした節約。

前回、2019年1月に交換しているので、半年ほどでだめになってしまった計算です。距離的には1万㎞走行しているので、普通といえなくもないのでしょうが、半年でだめになると「早いなぁ」と感じますね。この春はとても雨が多かったからなのでしょうかね。

購入はモノタロウ、前回と同じNWBのゴムだけのもの。以外とするんですよね。

交換方法は、とても簡単で、ゴムを引っ張って取り外し、金属のばねを取り外し、新しいワイパーゴムに取り付け、スライドさせるようにワイパーにゴムとばねを取り付けるだけです。5分もあればできるかと。

クリアな視界は運転していて快適ですね!

3DA-KG2Pシステムキャリア取り付け

ルーフボックスを取り付けるためにシステムキャリを取り付けました。CX-8ではThuleしか選択肢がないようですね(ディーラーオプションもThule製の様子)。バーがフットの外にはみ出ないウイングバーエッヂが人気のようですが、個人的にはバーがはみ出るウイングバーが好みです。フットと取り付け専用取り付け金具だけ新調し、バーはE83 X3で使用していたウイングバー7113(127㎝)を利用しています。CX-8用は7112の118㎝のようですがそれほどはみ出るわけではないので良しとしました。

必要な部品

ダイレクトルーフレール車に必要な部品は次の通りです。Thuleの場合は最大25%引きのようなので、それを目安にネットで探すといいですね。Yahoo!ショッピングがプレミア有無会員だとポイントが大きいので、Yahoo!ショッピングで購入しました。

取り付け

取り付けはアーレンキー(六角ボルト)で取り付けますが、工具は付属しているので特に用意するものはありません。1人で簡単に取り付けできますね。

ちょっと長めですが、気になるほどでは無いと納得させます!
ルーフレールはメーカオプションで付けています。今風のルーフにぴったりくっついているダイレクトルーフレールです

3DA-KG2Pルーフボックス(THULE Motion XT)取付

この車では4人家族でキャンプをするとなると、用具は限定されてしまいます。うちは2ルームテントに加え、ラックソット、クーラーボックス2つなど大型の荷物が多く3列目を倒してもとても搭載できません。

そこで買ってしまいました、THULE Motion XT XLです。

買った後で、「大きいサイズにしておけば良かった」とならないように、XXLにしようと思ったのですが、XXLでもXLでも搭載できる重量は同じ75㎏でした。となると、恐らくXLでも満載にすると75㎏の重量が先に上限を向かえてしまいそうなことからXLにしました。若干ではありますが重量がボックス自体の重量がXLは23.5㎏で、XXLの25.5kgと比べると軽く、一人での取り付けで少しだけ楽そうです。全面投影面積も少ないので燃費にも影響が少なそうです。

購入はポイントを考慮するとヤフーショッピングが一番安いようです。eBay.comでの取り扱いもあり、海外の定価が安い事から個人輸入を使用かとも思いましたが、商品価格から関税がかかることになるので、価格的にはあまり変わらないくらいになってしまいそう。それならば並行輸入というリスクを取ってまでメリットは無さそう。

取り付け

さて取り付けです。西濃運輸で届き、そのままマンションの廊下に一時的に置きました。

こんな段ボールで届きました。部屋の中へ入れるのはやめました(笑)

台車のトラスコ中山のこまわり君に乗せて駐車場まで運びます。

開梱し、ルーフラックは既に取り付けていたので、ラックに乗せて取付ダイヤルを締めこめば完了です。

23.5㎏は思ったよりも軽くて助かりました。1人で十分作業が可能でした。恐らく、170㎝位ある普通の体格の成人男性であれば、台に乗って問題なく取付できるでしょう。ただ、サイズはやはり大きいので不意に落下させたりすると破損しそうです。2人いればそれに越したことは無いのは言うまでもありません。

位置決めをしてダイヤルを締めこみます。 定規で端からの距離を測り 左右対称となるようにしました。

取り付けは30分ほどで完了。これなら取り付けっぱなしとならずに、必要な時に取り付けるようにできるかな(多分)。

車と比較すると大きさがわかりますね
こんな感じで梱包されています。一応発泡スチロールが緩衝材となっていますが、結構遊びが多いです。
道路に直置きすると傷つきそうなので段ボールの上に置きました。
上蓋にはビニール袋に加え、ラップがされています。
肩に乗せてよいしょと持ち上げルーフキャリアに乗せました。キャリアは、E83 X3で使用していたものなので、少し長いようです。CX-8用は118㎝ですが、これは127㎝ウイングバー7113です。

インプレッション

見た目は、アウトドア感が出てかなり気に入りました。国産と比べると先入観もあるかと思いますがデザインが良いですね。70㎞/hまでしか出しませんでしたが、特に風切り音が気になるようなことは無し。

問題はやはり全高です。恐らく、全高2.3mほどになっています。すると、スーパーやホームセンターは屋内駐車はほぼ無理で、平置きを探さなければなりません。敷地内の平置きは数が少なく待つことになりそうなことと、敷地外の平置きは距離があって奥さんからぶーぶー言われそう。やはり使用するときだけ取り付けるのがよさそうです。さて、どこに保管しようかな。

装着すれば、大きさは気にならないと感じました
XLサイズでも横幅は結構あります。XLは91.5cmXXLだと95㎝です。
アウトドアないい雰囲気が出たかなと。

E83 LCI X3でエンスト?

先日Anycaで貸し出した方から、リバースへ入れた時にエンストしたんですけど、と言われました。エンストは、1年くらい前にも1度言われたことがあります。自分では経験したことが無いので特に対処することなく様子見としていました。

また、自分が乗っていてたまに気になるのは、時々リバースに入れた時にエンジン回転が跳ねるように上がるときがあることです。これは冷間始動時に多く発生するように思います。

前に出ていたエラー2AAC Variable intake system 2, self-diagnosisが原因なのかもしれません。

2AACが出たときの写真。2F71はずっと出ているので無視。

一度6月後半に出た以降は発生していないのでこちらもDISA Valve2をとりあえずali-expressで購入したのですが、インテークマニホールドを脱着しなければならないこともあり様子見としています。

Anycaドライバー友達招待キャンペーン(2019年9月30日まで)

招待コードは「kendi1003」です

Anycaへ新規会員登録を行う場合、招待コード「kendi1003」を使用すると2,500円分割引ポイントがもらえます!ぜひご利用ください!

※登録はAnycaのアプリから行う必要があります。

E83 LCI X3 LLC交換(117,192km)エンジンオイル交換

前回の102,160kmでの交換から、15,032km走行でのオイル交換です。BMWはメーカー指定のオイルを使用した場合は2.5万kmで交換ですが、自分の場合は格安モノタロウオイルなので、国産車自然吸気エンジンでの推奨となっている場合が多い1.5万kmを目安に交換しています。今回ははじめて自分で換えてみました。

用意するもの

他、オイル受け、ダスターたくさん

マイレ製のエレメント、エレメント取り付け部のOリングと、ドレインプラグの銅製ガスケットも付属していてナイスです。
オイルはモノタロウ。3,500円にならないときに、送料無料にするためにちょくちょく購入していました。SNグレード最安ではないでしょうか
ドレインプラグはメタルガスケットなので、チャンとトルク管理をする意味でトルクレンチを使用しました。ほんと、トルクレンチは安くなりましたね。

作業

適度にエンジンを温め、スロープに載せます。一応安全のために輪留めをしました。

路上ですみません!
念のため輪留め

特に、国産車と変わることなく、ドレーンプラグを緩めてオイルを抜き、エレメント交換、抜ききったらオイルを充填という流れです。

折角のDIYなので気を使ったのは、エレメントを取ると、エレメントがあるオイルハウジングに結構な量のオイルが残ります。これをスポイトを使用して丁寧に吸い取りました。折角エレメントを交換するのに汚れたオイルが残るのは気分が悪いですからね。

ドレインプラグを抜く前に、オイル抜けが良くなるようにオイルエレメントのキャップを緩めておきます。
下にもぐって、ドレインプラグを隠している蓋を取り外します。右側がそれです。左側の蓋も取り外してみましたが、こちらはトランスファーに関係する部分でした。
ドレインプラグを抜いて、エレメントを取りはすします。
Oリングも交換です。

新旧比較。かなり汚れていますね。
抜いたオイル、6.5Lともなるとかなりな量です。しかし、1.5万kmも走行するとかなり汚れいていますね。臭いもかなりなガソリン臭がします。
サービスの記録をリセットして完了。メーター左側のボタンを押しながらキーをOn、表示が変わったら話して、再度長押し、リセット表示になってもう一押しして完了。

感想

オイル交換は自分でやると抜き方も完全にオイルが垂れなくなるまで待ったりとか、オイルフィルターハウジングに残った汚れたオイルを吸い取ったりとか、好きなオイルを使えたりというメリットはありますが、廃油の処理がかなり面倒であることと、結構な重労働な事からやるのは物好きな人だけですね。金額的なメリットは、カー用品店では工賃は実質オイルに含まれていて無料みたいなものなのであまりなしです。おそらく自分でやるのは今回が最初で最後だと思います。

交換した後のエンジンは、はじめ少し回転が不安定でしたが、オイルが回ったからなのかすぐに安定しました。6.5Lでオイルゲージ真ん中あたり、7.0L入れるとフルになる感じでした。

ドレインプラグのトルクは、こちらを参考に25Nmとしました。

ZRR80Gオイル交換(73,016KM)

前回から13,692km走行でのオイル交換です。メーカー指定1.5万kmですから少し早いタイミング。今回こそはちゃんと1.5万kmまで待つぞ!と思っていたのですが、交換のタイミングを1千kmほどかんちがいしてしまったようです。この記録を書きながら気づきました。なんで車好きはこう問題のないものを変えたがるんですかね、我ながら不思議です。

さて、今回のオイル交換もオートバックスです。前回同様量り売りオイルで、エレメントも一緒に換えました。

MR.AQスクープ SN 0W-20 2,000cc:1,942円
オイルフィルターT-28:1,080円
交換工賃:0円
———————————————–
合計 3,022円

T-28のオイルフィルター値段が上がったみたいですね、前回は862円でした。ちなみにオイルは上抜きで、4Lです。支払いは3,000円分株主優待を使用したので現金は22円でした。工賃はオイル交換会員なので無料です。

平日だったので、当日朝にお昼の時間帯で予約を入れ、実際に30分ほどで終了です。

ノンターボの自然吸気(NA)エンジンで、一般的な0w-20のオイルが使えて、量も4Lほどだととっても経済的ですね。年一回で、3,000円です。CX-8のようなクリーンディーゼルは燃料代は安いですが、オイル交換費用で帳消しな気がします。ディーラーじゃないと不安だし、オイル高いし、1万㎞サイクルだし。。

この翌日、E83 X3 CLIのオイルを初めて自分で交換したのですが、やはりオイル交換はお店に任せた方がいいですね。オイルの処理にも苦労しますし、オイル会員だと工賃もかかりませんから。さ、次回は8.8万kmです。さすがにそこまで乗っているとは思えないなぁ。

Crewサービスの問題点と要望

たった7日間、22名のライダーを乗せただけですが、何となく感じた問題点とCrewサービスへの要望を書いてみたいと思います。

問題点

その1 システムが不安定です。これは論外ですので早急に対策を打ってもらいたいですね。このような不安定なシステムであるにもかかわらず、実態を公表しないのはさらに問題です。トラブルが起きたのであれば公表し、再発防止策についても公表すべきです。

その2 ライダーとパートナーの評価システムがライダー、パートナー双方のメリットになっていません。Crewにはマッチングサービスで定番の評価制度があります。ただ、この評価制度、有効に使われていないのではないでしょうか。というのも、利用者側からはほとんどパートナーを選べないので、よほど悪い評価でない限り敬遠することはできない(やらない)でしょう。また、パートナーから見ても、マッチングの通知が来たわずか数十秒の間に判断しなければならないので中身を見る余裕はありません。

その3 ライダーを乗せる方向が選べないです。ちょっとだけパートナーとしてドライブする場合、ライダーの方の目的地をあらかじめ限定できると相当に便利です。じゃないと、永遠とマッチングをキャンセルすることになります。

要望

その1(システムが不安定) これはもうシステムに対策を打ってもらうしかないですね。透明性についても考え方を変えてもらうしかないです。この辺をマネジメントしている方、ちゃんと利用者の声を聴いてますか?

その2(評価システム) 評価システムを有効に機能させるためにも、「お気に入り」が使えるようにして、ライダーがパートナーを指名して乗車希望を出すことはできないものでしょうか。これができればライダーとパートナー双方にとってモチベーションが沸いて良い方向に行くと思うのですけどね。0円ライダーの方の対策にもなると思うのです。
パートナーがライダーを評価するのは決済が終わる前なので、謝礼を含めた評価ができません。あえてそうしているのでしょうけど、謝礼のレベルはライダーにとっても優良ライダーであるのに認知されないという問題が生じています。今の評価とは別に、謝礼レベルが機械的にわかるような表示はできないものでしょうか。

その3(目的地の限定) システム的な実装が難しいのか、要望も多いと思うのですけどね。これができれば、ちょっと遠くでもライダーはパートナーを捕まえやすくなりお互いにメリットなのだと思うのですけどね。

ゴリラCN-G1200VDのパーキングブレーキを解除してみる

専用の部品も売られていて、それを買えば即解除となるのはわかっていますが、ピンプラグに何百円も出すなんて気分的によろしくありません。DIY的に自作したもので解除できないか調べてみます。

はじめ、はんだを曲げて束ねたものを差し込んでいたのですが、すぐに接触が悪くなったのか、走行中操作ができなくなってしまいました。

調べてみると、アルミホイルとか、ねじを挿入するというのが一般的のようです。が、アルミホイルは試してもうまく解除できず、ねじは見た目が悪そうなのでNG。100均で2.5㎜のピンプラグのイヤフォンを購入してショートさせるというのがよさそうでしたが、動作するものを使用せずに壊すのも気が引けたので、モノタロウで2.5㎜のピンプラグ(2極超小形単頭プラグ Φ2.5)税込69円(3,500円以下だと送料500円ですが・・・)だけ購入してみました。

こんなに大きな袋で来ます
こんな小さい部品を通販というのは申し訳ない
こんな感じで内部の端子を接続し、ショートさせました。

プラグの内部で端子と端子をケーブルでショートさせ、ゴリラCN-G1200VDに装着。問題なく、走行中の操作が可能となりました。めでたしめでたし。