これまでに引っ越した回数

  1. まだ物心つく前に、浦和から桶川
  2. 桶川の借家から中古持ち家
  3. 学生時代は高崎の学生寮
  4. 学生の残り半年で学生寮を追い出されてアパート
  5. 就職して横須賀の社員寮
  6. 勤務地変更で横須賀社員寮から相模原社員寮
  7. 出向して桶川の借り上げアパート
  8. 退職して実家(実家は桶川から川口へ引っ越していたので川口)
  9. ワーホリで1年半カナダ
  10. 帰国後実家
  11. 実家が同川口の別宅へ引っ越し
  12. 青年海外協力隊で2年間ケニア
  13. 帰国後川口実家
  14. 結婚して鶴見の賃貸マンション
  15. マンション購入して同鶴見のマンション
  16. 家を建てるために二宮の仮住まい

Dahon Route(2019):リアホイールベアリングのグリスアップ

走行中の異音でBB、ホイールベアリングをメンテナンスすることにしました。

まずはリアホイールから。取り外しは、15㎜のボルトをメガネレンチで左右とりはずし、Vブレーキのひっかけを取れば簡単に外せます。折り畳み自転車なのでクイックリリースになっていませんが簡単です。ただ、工具箱に15㎜のメガネレンチが入っていない場合が多いかもしれません。私もストレートやコンビネーション、角度付などいくつかのメガネレンチセットを持っていますがどれにも15㎜が含まれていません。自転車用ではないと、14㎜の次は17㎜なんですよね。

自転車では13㎜、15㎜をなぜか多く使うのでこれを機に自転車用のメガネレンチセットをそろえるのはいいかもしれません。モンキースパナで行けなくもないですが、調整が面倒なのと回すスペースがない場合を考えると持っていて損はないでしょう。

次にロックナットをハブコーンレンチを使用して緩めると簡単にシャフトと左側のベアリングが取り外せます。

右側にはカセットスプロケットがあるので、スプロケットを取らないとベアリングが取れません。工具箱にあるロードバイク用のフリーホイールツールは合わなかったので今回TL-FW30を購入しました。

取り外しはTL-FW30を嵌めて24㎜のメガネレンチまたはモンキーで回すだけです。

左側のハブが錆も交じって状態が悪いように見えます。

古いグリスを洗浄してみました。ハブ側に錆が発生しています。ベアリングも錆びているハブとの摩擦で表面のメッキが落ちてしまっているようです。本来ならベアリングは交換した方が良さそうです。

ハブ側は、耐水ペーパーの800番→1200番→1500番と磨いて、最後はピカールで仕上げてみました。まだ若干腐食が残りますがそこまでこだわっても仕方がないと諦めます。ここまで磨くのも結構大変で、指先が痛くなりました。

あとは、グリスを塗ってベアリグのボールを並べてもとに戻します。

組付け時にナットとワッシャーの位置が分からなくなってしまいました。正しくは、外側から15㎜ナット、フレームワッシャーの順番です。ワッシャーは車体外側には使いません。

ウィザースホームで家を建てる:地縄はりと近隣あいさつ

2022年6月4日(土)
朝9:30から建築地で土地に家の形で縄を張った状態で、現場監督を担当されるかたから説明を受けます。特に新しい情報はありませんでしたが、縄を張ると全体のバランスが分かりイメージがわきやすくなります。といってもここまでくると変更はでいないので、今更なんですけどね。もっと早い段階でやるとまた違うような気がします。

1時間ほど説明やら確認やら、今後のスケジュールやらを話たのちに近隣へ工事の挨拶をして終了。近隣の方はみなさん穏やかそうな方で一安心。

Dahon Route(2019):ペダル交換

久しぶりに自転車をいじったら、やはり車のように重作業ではないのですべて一人で行えることが楽しくなってきました。そこで、以前から回りが気になっていたペダルも変えました。

これで2つ目です。純正装着のペダルは折りたためてよかったのですが、1年もするとグリス切れからか音がするようになり交換。AliExpressで安い折りたためるペダルを見つけて交換しましたが、こちらもベアリングが重くペダリングの時の足裏に違和感が。

やはり国産、ということでMKSのペダルにすることに。以前パナレーサーのクロモリバイクに付けていた脱着が簡単にできるEzyが良かったのですが、アルミのものは1万近くして予算オーバー。メルカリでたまたま目に入ったツーリングライトというものにしました。メルカリにて送料込み3100円。

最近のペダルは取りけがヘックスレンチでできるようになっていますが、ペダルはやはりペダルレンチがあると断然楽ですね。ホーザンのものを30年近く愛用しています。

Dahon Route(2019):カートリッジ式BBへ交換

引っ越して駐輪場に屋根が無くなり、ここ最近の雨の多い天候が影響してか、あちこちから異音がするようになってしまいました。購入してからまったくBBやホイールハブのグリス交換をしていなかったので分解して状態を見てみることにします。

必要な工具

  • マイナスドライバー
  • 14㎜ソケットレンチ
  • クランク脱着工具TL-FC10
  • モンキースパナ
  • BB脱着工具TL-UN74
  • ロックリング取り外し工具(HCW-5 ウォーターポンププライヤーでも代用可)
  • 右ワン36㎜外しの工具:ヘッドスパナ HCW-15あたり
  • 他、グリス、ウエス、パーツクリーナーなど

BB分解

まずは、BBとクランクを固定しているボルトにかぶせてあるキャップを取り外します。これはマイナスドライバーを隙間に差し込んでこじればとれます。

キャップを取り外すと、クランクを固定しているボルトが見えます。これは14㎜の普通のボルトなのでラチェットレンチで外しました。

クランクを抜くには専用工具が必要です。シマノであればTL-FC10 コッタレスクランク専用工具を使用します。これは、スポーツ自転車として初めに購入したスペシャライズドのMTBをメンテナンスするときに購入したものです。もう25年も前ですが問題なく使えました。

次は左側のBBを固定しているロックリングを取り外します。3か所の凹みがあるリングで、恐らく専用工具があるものと思いますが(HCW-5パークツールのロックリング回しがありました)、ウォーターポンププライヤーで外してしまいました。左側は正ネジです。

ウォーターポンププライヤーで左側ロックリングを外します

ロックリングが取れると左ワンが取り外せますが、こちらは工具は使わず手で回ります。回し始めは若干きついので、マイナスドライバーなどで回せばその後は手で回りました。

次は右側。こちらは36㎜のスパナが必要でした。写真のスパナは自転車専用工具で、ずいぶん前にフレームから自転車を組もうと思ったときに一式そろえたときに購入したもの。存在すら忘れていましたが、工具箱をごそごそ探すと底から出てきました。この右側ワンは鬼締めされているということが多いようですが、私の場合はすんなり外れました。

右ワンと取り外すと、カップアンドコーン式のBBが取り出せます。グリス切れが起きているわけでも無く、洗浄してグリスアップすれば十分使えるレベルに見えました。

ただ、定期メンテが必要で、決して回りも悪そうなのでカートリッジ式へ交換することにしました。

BBを取り外したフレーム。ネジ山は問題ないようです。

カートリッジ式BB購入

shimano(シマノ) ボトムブラケット BB-UN55 BBセット 68-113mmが適合するという情報がありましたので、標準BBの計測もせずに検索しました。すると、現在はBB-UN300 68-113に置き換わっているようです。

こちらをAmazonで購入し取り付けます。

取り付け

購入したBBと標準BBを比べてみます。見た目とくに問題なく装着できそうです。

まずは右側のネジを取り付けてみます。取り付けにはこれまた専用工具が必要です。シマノであればTL-UN74です。これも25年前のものです・・。

ねじ込み時にはサイズが大きいので斜めにならないよう慎重さが必要です。最悪フレーム側のネジが死んでしまうので。グリスを塗ってからねじ込みましょう。

続いて、BBを装着し、左側を取り付けます。こちらは写真で青くなっている部分、恐らく緩み防止の塗料だと思いますが、この部分で若干固くなりますがモンキーで締めこんでいきました。TL-UN74の締め込みは30㎜(31㎜かも)以上ひらくモンキーが必要なようです。

交換したカートリッジ式のBBです。

回りも断然スムースです!

DBA-453042スマートフォーフォー 錆止め塗装

この車、前ナンバーは金沢ナンバーでした。スタッドレスタイヤ、ホイールセットも搭載されていたので積雪地帯で使われていたようです。それもあってから、下回り、フロントのフード(エンジン後なのでただのフード?)内などがところどころ錆びています。恐らく、融雪剤の影響なのではないかと思います。

ねじの頭やワイパーモーターのブラケット周りが錆びています

錆止め塗装(錆転換塗料)

錆転換塗料を試してみることにします。使用したのはモノタロウの錆転換塗料。一緒に刷毛も購入したのですが、細いほうの刷毛がどこか行方不明になってしまい、34mmの刷毛で塗りました。はみ出しまくり(笑)。

ストラット上部のネジも塗りたかったのですが、刷毛が太すぎて断念。
リアサスペンションのド・ディオンのアームにぽっかり空いた穴の周りが錆びており、そこも塗装です。蓋してくれたらいいのにな。

DBA-453042スマートフォーフォー プラグ交換

先日、こんなコメントいただきました

私は NGK プレミアムRXプラグ に交換したら

 ・ATがスムーズに

 ・アイドリング時の振動が少なく

なりました。

プラグなら3本で6千円くらいなものだろうと早速調べてみます。3気筒はお財布にやさしい。

まず、NA(ノンターボ)エンジンの標準プラグを調べます。

プラグの適合

海外のSmartを扱っているevilutionによると、次のようになっています。

Spark Plug Numbers
Smart Part Numbers:
Non turbo – A 281 159 01 00
Turbo – A 281 59 00 03

Aftermarket Numbers:
Non turbo – Champion REA8MX
Non turbo – Champion OE130/T10
Non turbo – Denso XE20HRU9
Non turbo – NGK LZKAR7B

Turbo – Champion OE261 (Iridium)
Turbo – Champion REA10WYPB (Iridium)
Turbo – NGK ILKAR7J7G (91121)
Turbo – DACIA: 224019133R
Turbo – RENAULT: 224019133R

A 2811590100で検索すると、海外サイトでChampion REA8MXが多く出てきますので恐らく純正装着はこちらの部品なのでしょう。Championのサイトで確認するとベーシックな製品のようですね。距離は2.5マイル(40,233.6km)目安で交換。電極はDouble Copper Spark Plugというcopper(銅)を用いたもののようです。距離的にはドンピシャのタイミングでした(笑)。

プレミアムRXにも色々ありますが、標準品NGK LZKAR7Bに該当するプレミアムRXがありません。サイズが同じプレミアムRXだと、M12×1.25、長さ26.5㎜で熱価で3種類ありました。

熱価8:LKAR8ARX-PS、熱価7:LKAR7ARX-11P、熱価6:LKAR6ARX-11P

ちょっと調べた限りではLZKAR7Bの熱価が不明でしたが、品番からして熱価7のような気がします。すると、近いのはLKAR7ARX-11Pとなりそうです。ちなみにLZKAR7Bは電極にニッケル合金を用いて、NGKによる推奨交換時期はなんと2万kmでした!今時、2万㎞でプラグ変える人いないだろうし、整備出して2万㎞で交換が必要といわれたら、車が故障しているんじゃないかと疑うのは私だけでしょうか。

プレミアムRXは電極に白金と新素材ルテニウムを配合しているのが特徴のようで、一般プラグに比べるとずいぶんなグレードアップ、一種のチューニング効果が期待できそうです。

一応、デンソーでも調べました。デンソーで標準プラグに該当するのはXE20HRU9。デンソーのサイトでこの型番を調べても出てきません。国外向けだからでしょうか。Championの型番であるREA8MXでデンソーのサイトで調べると互換品はIRIDIUM TOUGH PLUSのVCH20と出ました。スペック表もありました。火花位置やギャップの長さが純正の値と異なりますが、この辺りはプラグが変わると変わるものなのかもしれません。

https://www.denso.com/cgi-bin/plug/cross_ref/list.cgi?m=7&p=0

NGK LKAR7ARX-11PかデンソーVCH20か

Amazonではこの時点でLKAR7ARX-11Pが1本1,536円、VCH20が1,400円です。

値段はデンソーがわずかに安いというレベル。ただ、VCH20はスマート、トゥインゴに装着しているという人のブログが見当たりませんでした。だれもやっていない方が面白そうなので、VCH20に決定(笑)。

工具

使う工具は、8㎜と14㎜のソケットレンチです。14㎜はプラグの取り外しに使用するので、プラグの頭が収まる深さが必要です。加えて、かなりヘッドカバーから奥にあるので、15㎝くらいのエクステンションバーが必要でした。

今回、新たに調達した頭を振ることができるラチェットレンチのハンドルがなかなか使いやすく、お勧めです。

プラグ確認

車体に装着されているプラグを取り外して確認してみることにします。

取り外しはいたって簡単です。リアハッチを開け、カーペットをはがし、6本のネジで止まっているフロアの蓋を取り、イグニッションコイルを止めている8㎜のボルトを外し、コネクタを抜いてイグニッションコイルを取り外します。この時、イグニッションコイルを取り外すのに邪魔になるブローバイの配管の抜きます。整備性を考えてか、黄色い部分を押して引くと簡単に引き抜くことができました。
後は14mmのディープソケットまたはプラグレンチで外すだけ。かなり深い位置にあるのでエクステンションバーと外したプラグを取り出すためのマグネットが必要です。

スパークプラグのプラグの取り外し
イグニッションコイルを使って、プラグのプラグホールからの取り出し、取り付け時のねじ込みを行いました。

今回はディープソケットを使用して取り外したのですが、取り出すのはイグニッションコイルをグニューとはめて引っ張りました。我ながら良いアイデア。

プラグは予想通りChampion REA8MXでした。

摩耗からするとまだまだ使えそうな感じです。

プラグだけを見ると交換はまだ不要のようです。焼け方はこんがりきつね色、変なカーボンなんかも付着しておらずきれいな状態でした。さて、プラグを変えるだけでAT変速ショックやアイドリング時振動がどれだけ変わるものか興味深いところ。

VCH20へ交換

VCH20の購入はYahoo!ショッピング。3本セットで送料無料がありました。

デンソーIRIDIUM TOUGH VCH20
取り外したプラグとVCH20。電極が細いですね。サイズは見えた目違いがなさそうです。

その効果は?

3本とも交換して、エンジンルームの蓋を取り外したままエンジンをかけてみます。

ん!?・・・・何にも変わらない。とりあえずアイドリング時には振動や音に何の変化も感じられませんでした。

走行してみます。

んー、、、、気持ち発進時のスムースさは増したかもしれません(笑)。

と、交換直後の簡単な試乗ではほとんど変化が感じられなかったのですが、しばらく乗ってから、「あ、良いかも」と思えるようになりました。

相変わらずアイドリング時の振動は3気筒っぽさ前回にブルブルしますが、少しだけましになったようです。ノーマルプラグ時は、時々ナビがブルブル震えてしまって音が出るときがありましたが交換後はそのようなブルブルは発生していません。

発進時のATのギクシャク感も、発進時の慎重なアクセルワークが身についてしまっているので感じにくかったですが、軽減されているようです。

一番感じられたのは、アイドリングストップが働くときです。エンジンが止まるときも以前はストン、と止まるのではなく何回かクランクが回りながら止まる感じでした(表現難しく・・)。これが、止まるときにすぐにエンジンが停止し変な振動も出なくなりました。

値段は思ったよりも安く、PayPayポイントの還元を含めると3本で3,000円ちょっとで、ノーマルプラグが交換時期だったことを考えると交換して良かったように思います。

DBA-453042スマートフォーフォー サイズ測定

軽自動車との比較

軽自動車のサイズは規格で定められています。どの軽自動車も全高を除いてこの規格フルに作られていると思ってよいでしょう。その軽自動車と比較したサイズです。

車名全長全幅全高ホイールベース
軽自動車3,400mm以下1,480mm以下2,000mm以下2,520mm(N-ONE)
スマート フォーフォー3,550mm 1,665mm1,545mm2,495mm
なんとN-ONEの方がホイールベースが長いとは!

全長で15cm、全幅で18.5cmスマートフォーフォーが大きいです。普段軽自動車に乗ることがないので、何とも言えないのですが、車室内の広さは軽自動車と大差ないのではないかと思います。大人4人が何とか乗れるサイズです。と思ってホイールベースを見てみると納得。軽自動車と大差ない、というか軽自動車の方が長い(笑)。

軽自動車はスマートフォーフォーよりも18.5㎝も幅が狭いですが、これはボディーの造形やドアと着座位置との余裕に使われているんじゃないかと思います。軽自動車の側面はほぼ平面なのに対し、スマート フォーフォーは起伏があり表情があります。軽自動車はドア収納なんかも工夫してスペースを稼いでいるのかもしれません。しかし、ドア厚とかドアとの距離まで切り詰めているとなると側面衝突で怖いですね。

全長15㎝分の軽自動車との違いは、ラゲッジとバンパーやらリアハッチの構造などに振られているんじゃないかと思います。前席位置から全面までの位置はむしろスマートフォーフォーの方が軽自動車よりも短いのではとの印象です(実際に測ったわけではないので確実ではないですが・・)。

ラゲッジルーム

スマートフォーフォーのラゲッジルームサイズを測定しました。

エンジンがあるので、床は高めのラゲッジルーム。トノカバーがついていましたが、積載性を考慮して普段は外しています。

高さ64㎝、横幅99㎝、奥行59㎝です。リアシートを倒すと、、測っていませんでした。

同じようなデザインで軽自動車のN-ONEでは高さ88㎝、横幅88㎝、奥行52㎝なので、やはり高さ方向が短いです。これはリアエンジンの宿命だと思います。

後席シート後からゲートまでは59㎝
ラゲッジの一番広い場所は横幅99㎝でした
高さはラゲッジ床面からルーフライニング下までだと64㎝でした。

ウィザースホームで家を建てる:打ち合わせ14、15、16回目

14回目

4月中旬、カーテンの打ち合わせで藤沢展示場。今回初めて妻のみでの参加です。カーテンと若干変更したいポイントのみなので自分は普通に仕事でした。カーテンはルームワンというインテリアのセレクトショップのような会社が請け負っている(?)ようで、藤沢展示場にもモデルハウスに使われているブラインドやシェード、カーテンは確認できるもののショールームへ行った方が色々見られるとのこと。次回は港北のルームワンショールームで打ち合わせとなりました。

15回目

5月15日、港北ルームワンにてカーテン、ウッドブラインド、ハニカムシェード、シェードなどを組み合わせて3パターン見積もりを依頼して終了。ハニカムシェードを見たら、一条工務店の記憶がよみがえってきて、その気密・断熱性が良くなって自分の寝室へ採用決定!この日はウィザースホームの営業さんは立ち会わず。

16回目

5月22日、藤沢展示場。銀行決済の話と、次回の着工前の最終確認、縄張などの日程決めです。

三井住友信託銀行だと着工時の決済と聞いていましたが、先行で取得している土地の保証会社の関係で引き渡し時の決済へ変更。着工から引き渡しまでの間、着手金1000万円のつなぎ融資が必要となりました。となると金利負担も発生しますがそのあたりはうまく営業さんに調整いただきました。

まだ、カーテンや照明で若干の金額増減はあるもののほぼ総額が決定。約4200万となりました。

資材の価格は2021年9月の建築請負契約時から変更なく、今後為替やインフレなどが発生しても一方的に値上げをされることは無しと聞いて安心です。本当かどうか定かではありませんが、営業さんが口頭でいまは坪単価10万円上がっています、だそうです。するとうちの場合は400万ほどの増額となるわけで、とても今のプランは実現不可能。2021年9月当時、すでにウッドショックで物価高騰は進んでいる状況に思えましたが、契約タイミングは悪くなかった。

最終確認を6月2日いちにちかけて、現地で縄張、挨拶などを6月4日となりました。

Yahoo!ショッピングで購入したらAmazonから商品が届いた話

突然の電話

先日、Amazon配達員の方から電話があり、「お留守ですか?」と聞かれました。留守で、再配達が面倒なので「置配が可能ならお願いします」と答え、荷物は置き配してもらうことに。電話を切った後、あれAmazonで何か買ったっけ?心当たりがありません。アプリで購入履歴を見ても最近の購入はなし。そう、最近はPayPayポイントなどを考えるとYahoo!ショッピングの方が安くなることが多く、プライム会員を停止しているのでAmazonで購入することはめっきり減ったのです。

玄関前にありました

きっと、別の人あての荷物を届ける際、過去の発信履歴にあった私の電話番号へ誤って発進したのではないかと思いました。帰宅しても荷物はないことを想定していたのですが、玄関前に荷物がありました。荷物はなぜかギフト扱いです。

開けてみると、Yahoo!ショッピングで頼んだ商品が入っているではありませんか。送付元もYahoo!ショッピングで購入した店舗名と一致します。

直送転売という商法

調べてみると、直送転売というものらしいです。同様の体験をした人がたくさんいるようです。今回購入した価格をYahoo!ショッピングとAmazonで確認しています。

まずはYahoo!ショッピング。この日は15日で5のつく日でポイントが17.5%、597円付いたので、3,425-597円で実質2,828円で購入したことになります。

Amazonでは2,873円、29ポイント着くので、差し引き2,828円です。

偶然でしょうか、まったく同じ金額になりました。これでは差額が出ないので転売しても利益は出ないものと思います。加えて、Yahoo!ショッピングでは販売に応じて手数料はポイント負担があるでしょうからむしろ損失となるのではと思います。

なんで?

今回は、たまたま5のつく日でポイントが多かったために同じ金額になりましたが、通常はわずかな差額が出て少しは利益が出る計算なのでしょう。

Yahoo!ショッピングの手数料は驚きの無料でした!負担はポイントのストア負担分で、最低2.5%のようです。だからこういう商売が成り立つんですね。法律的には違法ではないのでしょうが、Yahoo!ショッピングへ確認したところ、次の回答でした。

商品がアマゾンから発送されている件につきましては弊社にて調査を行い
確認が取れ次第、ストアの強制休店や契約解除などの措置を実施いたします。

そんなの承知の上で、在庫を持たずノーリスクだからということでやっているのでしょうけど、実際に強制休店になったらそれなりな準備もあったでしょうから痛いですよね。

商売のポイントは仕入れなどと聞いたりしますが、仕入れなく商売しようとしても設けるのは難しいようです。