ウィザースホームで家を建てる:上棟

2022年6月4日に地縄張と近隣挨拶をしてから早3か月、工事はこんな感じで進行しました。

大きな問題は起きていませんが、気になった点を記します。

  • 1か所、サッシがフィックスを指定したのにスライド式のものが設置されていました
  • 残土処理で+25万ほど追加になりました
  • 浴室乾燥機の入荷が遅れているとのことで、入荷するまで待つとしたところ、仮のパネル設置となり別途費用が掛かるとなりました(9月17日には、何とか間に合いそうとのことでした)
  • 屋内の電気配線は、レールやダクトを使用してキレイに通すのではなく、結構スパゲッティ状になるのだなと確認
  • 壁を組み上げる日は見学必須です。みるみる家ができていきます。2日間で基礎だけだったものが屋根までついてしまいます。2×6工法であることを改めて確認した次第です。
  • ウィザースの工事監督の人からはほとんど連絡来ません
2022年6月4日 地縄張
6月21日 駐車場の形に土を取り除く
2022年6月25日 基礎の鉄筋を組んでいる
2022年6月29日 コンクリを流し込むための型枠を設置
2022年7月4日 深基礎部分から
2022年7月12日 ベタ基礎部分の出来上がり
2022年7月18日 深基礎部分2段目?
2022年7月29日 随分基礎が高くなった
2022年8月6日 基礎完成?
2022年8月19日 19日、20日でクレーンを使い壁を一気に組み上げる
2022年8月20日 暑い中ご苦労様です。なんと、このクレーン、ちょっと子供に乗せてくれました
2022年8月20日 トラックでどんどん部品となった壁が運ばれてきます。
2022年8月23日 まだ瓦が載っていないからか、屋根はブルーシートで養生されています
2022年9月2日 エレベータが設置されていて、瓦を屋根へ上げているようです。
2022年9月10日 サッシがはまっています。窓枠は黒を選択していたようです(汗)
2022年9月17日 外壁の防水シート?も張られました。
2022年9月17日 この日は上棟式ということで、家の中へ案内され、コンセント位置の最終確認でした

ウィザースホームで家を建てる:地縄はりと近隣あいさつ

2022年6月4日(土)
朝9:30から建築地で土地に家の形で縄を張った状態で、現場監督を担当されるかたから説明を受けます。特に新しい情報はありませんでしたが、縄を張ると全体のバランスが分かりイメージがわきやすくなります。といってもここまでくると変更はでいないので、今更なんですけどね。もっと早い段階でやるとまた違うような気がします。

1時間ほど説明やら確認やら、今後のスケジュールやらを話たのちに近隣へ工事の挨拶をして終了。近隣の方はみなさん穏やかそうな方で一安心。

ウィザースホームで家を建てる:打ち合わせ14、15、16回目

14回目

4月中旬、カーテンの打ち合わせで藤沢展示場。今回初めて妻のみでの参加です。カーテンと若干変更したいポイントのみなので自分は普通に仕事でした。カーテンはルームワンというインテリアのセレクトショップのような会社が請け負っている(?)ようで、藤沢展示場にもモデルハウスに使われているブラインドやシェード、カーテンは確認できるもののショールームへ行った方が色々見られるとのこと。次回は港北のルームワンショールームで打ち合わせとなりました。

15回目

5月15日、港北ルームワンにてカーテン、ウッドブラインド、ハニカムシェード、シェードなどを組み合わせて3パターン見積もりを依頼して終了。ハニカムシェードを見たら、一条工務店の記憶がよみがえってきて、その気密・断熱性が良くなって自分の寝室へ採用決定!この日はウィザースホームの営業さんは立ち会わず。

16回目

5月22日、藤沢展示場。銀行決済の話と、次回の着工前の最終確認、縄張などの日程決めです。

三井住友信託銀行だと着工時の決済と聞いていましたが、先行で取得している土地の保証会社の関係で引き渡し時の決済へ変更。着工から引き渡しまでの間、着手金1000万円のつなぎ融資が必要となりました。となると金利負担も発生しますがそのあたりはうまく営業さんに調整いただきました。

まだ、カーテンや照明で若干の金額増減はあるもののほぼ総額が決定。約4200万となりました。

資材の価格は2021年9月の建築請負契約時から変更なく、今後為替やインフレなどが発生しても一方的に値上げをされることは無しと聞いて安心です。本当かどうか定かではありませんが、営業さんが口頭でいまは坪単価10万円上がっています、だそうです。するとうちの場合は400万ほどの増額となるわけで、とても今のプランは実現不可能。2021年9月当時、すでにウッドショックで物価高騰は進んでいる状況に思えましたが、契約タイミングは悪くなかった。

最終確認を6月2日いちにちかけて、現地で縄張、挨拶などを6月4日となりました。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後13?回目-

3月20日(日)10:00~11:40

前回決めた外壁、屋根、雨どいの組み合わせをパースに起こしてもらい、実際にCADで確認しました。ぐるぐる家が回るので、見る方向で玄関前の壁の裏側とか、雨どいと破風の組み合わせとかがよくわかりました。結果、横の雨どいが黒で破風が白だったのを、破風を黒へ変更しました。

雨どいの落ち方を一部変更しました(屋根を伝わる落ち方から、外壁を伝わる落ち方へ)。

玄関ドアに選んでいたYKKのD50(?)の標準がスマートキー対応かの確認をしました。

他は1階の窓の位置を上げようかどうしようか悩んだ結果、移動せずで決まったように思います。

外構打ち合わせで依頼された外の水栓の仕上げとブロックの積み方を伝えました。

外構打ち合わせ

2022年3月12日10:00~11:30

サフランさんで打ち合わせです。前回家の配置を決めた図面を伝えていて、今回は現地の確認を済ませたうえで提案をしていただけました。手付金として5万円支払いです。

2パターンのデザインと金額の提示を受けました。どちらもとても雰囲気良かったです。金額も300万弱となかなかなものでしたけど!

ウィザースホーム側へ外水栓の仕上げを伝えることを依頼されました。ウィザースホーム側でつける水栓ではなく、サフランさんでしゃれたものに変えるためです。

まだ時間があるので、ゆっくり考えてくださいとして終了。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後12?回目-

3月11日(金)15:30~17:30

前回2パターン決めた外壁、屋根、雨どいの組み合わせでどちらにするかを決めました。

あとは、何を決めたのかよく覚えていませんが壁紙を小変更したような気がします。平日に仕事を片付けて時間を作ったのにあまり有益な時間ではなかったような記憶が・・・。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後11?回目-

3月5日15時から18時半

午前中は新居ができるまでの仮住まいへ行き、ガスの開栓とインターネットが開通しているので、ONU、ルーターを接続し接続確認をしてきました。ガスはコンロの調子が今一つ。右側のもっとも使うコンロが点火してくれません。入居までに交換してくれる予定でしたが、半導体不足の影響なのかコロナの影響なのか、入荷が未定となっていて交換してもらえていません。しばらくはライター着火となりそうです。

さて、今週末も家の打ち合わせ。もはや週末の日課となってきました。

この1週間でまたもや妻の考えが変わり、壁紙と照明を変更しました。

リビングをダウンライトにしてくれたのは私の意見を聞いてくれたのかどうなのか。

マグネットのボードを壁に付けたいけど、クロスの下に施工するものは力が弱い、壁の上に施工するものは見切り材も含めると結構高額と一条工務店でも同じやり取りをした記憶が・・。後付けの好きなのを付けたらいいのになーと思いながら話を聞いていました。

他、コンセント位置変更、追加。照明決定。

最後に、外壁、屋根、サッシ外側の色、玄関ドアを妻と私の好みで2パターン決め、次回パースに起こしてもらったものをみて決める予定。いよいよ佳境という感じ、なら良いのですけどね。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後10?回目-

2月27日10時から15時

この日は長かったです!

サッシの内側の色から床、建具の色を決め、その後壁紙、照明と続きました。私は迷うところはないのですが、妻が・・・・。考え始めるときりがないんです。

玄関ポーチの照明がパナソニックだと塩害仕様がないとのことで、壁付けのデザインいまいちな照明となるところを重耐塩仕様の大光電機のダウンライトに。これも妻が見つけてくれました。これには大いに賛成。

唯一、標準外のドアでlixilのヴィンティアですが、1階をハイスタットとしたことで230㎝の高さがあるものへ交換すると値段がかなり上がる、ウィザースホーム標準のハイスタットのドアは逆に240㎝となりこれだと他の設備の関係で高さが収まらないかも、という問題も出てきました。ハイスタットで220㎝のドアを入れると今一つ見た目が良くないそうです。わたしは気にならないんですけどね。。

まだ、外壁、屋根、外側のサッシ色、軒下など決めるところはまだまだ、次回です。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後9?回目-

2022年2月19日15時~17時半ころ

今回は電気、主にコンセントの打ち合わせです。

前回打ち合わせ時に、案を提示してくれていたのでそれに対して増やしたり、減らしたりしていきます。照明についてもどこにスイッチを配置するか、3回路スイッチなどをラフに決めていきます。3回路スイッチは1か所⁺7500円とやや値がはりました。逆に、ウィザースホームの場合は各部屋に標準でテレビアンテナとLANの接続が設置されているので、変なところで悩む必要がありません。一条工務店ではLANとテレビのアンテナ接続がオプションで1か所たしか1.2万円ほどしたようにきおくしていて、各部屋に設置したらずいぶん高くなったような記憶があります。ちなみに、LANは標準でCat5eでした。1Gbpsであれば十分でしょう。

そんな感じで、1階から2階、そして屋上への階段を確認していったところあることに気づきます。屋上に水栓がありません!そして、2階のバルコニーにも水栓がありませんでした。要望として明確に伝えていなかったようです。こちらは、当然あるものとして進めていました。幸い、構造計算に入っていましたがうまくパイプスペースを取ってくれて、1階、2階へはほぼ影響することなく設置することが可能のことでした。この辺の柔軟さ、本当に頭が下がります。一条工務店では絶対にこんな風にはいきません(と思います)

さて、一条工務店では屋上に水栓が付けられません。その理由は給排水のパイプを通すのに外壁から断熱材を取らなければならないからと説明されたように記憶しています。今まで、屋上の水栓の排水なんて雨水と同じでいいんだろうと思っていて、一条工務店のつけられない理由に納得できていなかったのですが、屋上の水栓からの排水もちゃんとシンクを用意して、雨水とは別に下水道としなければならないとのことでした。なので、下水についても屋上から1階までどこかの家の中にパイプを通さなければならないのでした。なるほど。。下水にもお金を払っているので、勝手に雨水として流しちゃいけないんですね。

一条工務店以外のハウスメーカーと話してみる(3)-ウィザースホーム契約後8?回目-

2022年1月30日

本日は仕様を決定して建築申請できるところまで来ました。これ以降、構造に関する変更はとても高いお金がかかるんだろうと思います。

本日の変更点。そう、そういうタイミングなのに結構な変更をしました。ほぼその場で変更。

  • 軒を出していなかったのですが30㎝ほど出すことにしました。出した方が少しおしゃれかも、くらいな理由です。切妻屋根の横方向だけで、雨どいが着く方向の軒は出しません。価格的には家全体で+10万ほど
  • 低炭素住宅の申請を取りやめました。理由は床暖房を入れた場合、低炭素が取れない場合が有るとのことからです。その場合は申請にかかった一部費用が取れなくてもかかってしまうとのことでした。低炭素住宅となって、住宅ローン控除が増えても、あと13年働くかも枠いっぱいまで控除が使えるほど収入が多いとは考えられないのとできっぱりあきらめ増した。売却時に少しは有利かなと思っていたくらいだったので即決です。
  • 子供部屋の間仕切りを仕切り扉がうまく収納できるように変更
  • 1階洗面台、鏡台の製品を変更
  • 1階の窓を掃き出し窓へ変更したことにより、ポーチと深基礎の位置を変更
  • 防火仕様のサッシで、シャッターなしのガラスを一部網無へ変更
  • 防火ラインにかからない窓を防火仕様から標準仕様へ変更。それに伴い掃き出し窓のシャッターを無へ変更。
  • リビング窓を3連Fix窓から縦スライドとFixの組み合わせへ変更
  • キッチンが高い方にすると深型食洗器が選択できないとのことで、標準へ変更
  • 子供部屋収納の取り出し方向を変更

これくらいだったかと。そして翌日、妻はやはり掃き出し窓のシャッターはあったほうが良いかなぁといっています。あのぉ、サインしたんですけど。もう付き合っていられません。

全体的には価格が下がる方向の変更だったと思うのでその点は良かったですが、変更したその場で図面に手書きまたは口頭で説明しただけでサインしてしまったのが少し心配です。図面にしたら意識がずれていたなんてことにならないと良いのですけど。

さて、次回から申請をしている裏で、照明、コンセント、外壁、内装などのうち合わせが始まります。まだまだ先は長い・・・。