E83 LCI X3 カムシャフト角センサーシールからのオイル漏れ対策で液状ガスケット使用(117,811km)

エンジンバルブカバーを交換し、約5千㎞走行しました。VVTモーターガスケット周りはエンジンバルブカバー交換後400㎞程で液状ガスケットによる漏れ止めを行ったところ、その後顕著な漏れはなくなりました。しかし、はじめは漏れていなかった、カムシャフト角センサーのシール(11127559699)部からオイルが漏れ、こちらもエンジンバルブカバーの窪みにオイルが溜まり、一部はシリンダーヘッド、エキゾーストへ垂れてしまっていました。

このシールについても液状ガスケットで漏れ止めをしてみました。

このような感じでオイルが滲んでいます。バルブカバーの窪みにはわずかですがオイルが溜まっています。
漏れたオイルはこのあたりの窪みにたまるんですよね。なので、ここ最近はエンジンの化粧カバーは取り外したままにしています。エンジン音も特に気になりません。
わずかではありますが、エキゾーストに漏れたオイルが垂れています
純正のシールはとてもきつく、後からシールだけを取り外すようなことは出来ませんが、このバルブカバー付属のシールはセンサーのコネクタを抜いて、マイナスドライバーで軽く抉ると簡単に取れます。緩いんですね。
取り外したシール
シール、バルブカバーともパーツクリーナーで油を落とし、シリコンオフで仕上げました
ガスケットを使用する際は、べっとりと、塗ったことがわかるようにする、流儀です。

これで3日放置。滲みが止まってくれることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください