E83 LCI X3ブレーキディスク交換(105,020km)

フロントのブレーキディスクですが、手で触ると一番外側のパッドで削れていない部分の高さが結構あることに気づきました。

取り外した後のディスクにノギスを当ててみたところ。片面1mm弱減っていました。これ、中古車の程度を確認する時に、ディスクを触ってみて交換の必要がわかって良いかもしれません。

走行距離は10万kmを超えましたが、クランクシールを変えてエンジンも快調なのでブレーキディスクを変えてもうしばらく乗ることにします。

ブレーキディスク

欧州車はパッド2回につきディスク交換などと言われていますが、あながち嘘ではなくて、10万キロ走行のこの車のディスクはフロントが交換基準である23.4㎜となっていました。リアはまだ21.0㎜で基準値内でしたが、ブレーキディスクがとても安かったこともあり、前後セットで交換しました。

ディスクはATE(アーテ)。初めて聞く名前でしたが、ググるとそれなりに出てくるので、それなりに大きいOEMメーカーなのだと思われます。

このディスク、4輪で驚くほど安かったです!Amazonの1品限り限定の出品だったようです。購入後、すぐに値段が倍以上になりました。
部品番号はフロント34113400151、リア34213332217です。

少しばかし箱がやつれており、長期在庫品であったことを物がっていますが、モノはサビなどもなく完全な良品でした。

工具

必要な工具です。

今回使用した主要工具。16mmソケットは普通無いですよね。

ユーザーにはいじってほしくない場所なのでしょうか、BMWは変なサイズのボルトを使います。E83ではキャリパーの取り付けに16㎜ボルトが使われています。当然そんなサイズは持っていないので、購入しました。16㎜はプラグと同サイズなのでプラグレンチが使えそうですが、場所的に長いものはアームやショックアブソーバーに干渉するので個別にそろえたほうがいいでしょう。また、16㎜は差し込み角12.7㎜(1/2インチ)にするべきです。キャリパーは結構なトルクで止まっており、9.5mm角だと負けてしまうかもしれません。格安のソケットではなく、ある程度しっかりしたものの方が良いですね。工具は値段と品質はある程度比例するものです。

ラチェットハンドルもホイールハウスの中で使える最長なものを用意したほうがいいでしょう。右前輪のキャリパーがとても強く締め付けられており、緩めるときに背筋がつりました。

ブレーキパッドを止めているばねの取り外しで、大きめのマイナスドライバーがあると便利です。

  • 16㎜ソケット(ブレーキキャリパー取り外し)
  • 7㎜ヘキサゴンレンチ(ブレーキキャリパースライドピン取り外し)
  • 6㎜ヘキサゴンレンチ(ブレーキディスク位置合わせ用ボルト取り外し)
  • キャリパー戻し(自分はウォーターポンププライヤーで代用)
  • 差し込み角12.7mmラチェットハンドル
  • ハンマー
  • ブレーキパッドグリス

他、ホイールを取り外す必要があるので、17㎜のクロスレンチとジャッキ、ブレーキ周りの洗浄でブレーキクリーナー、ブレーキパッドに塗るブレーキグリス、面取り用のバイスと鉄ヤスリ、ディスクが取れない時に裏面から叩くためのハンマーといったところです。ジャッキアップは車載のパンタグラフ式でやりました。一応輪留め使いました。良い子はマネしないようにしてください。ちゃんとセンターでジャッキアップし、ウマに乗せましょう。amazonの広告載せていますが、私はモノタロウで買うことが多いですね。特にPB商品はお得です。

ブレーキディスクの脱着

これはYouTubeを見てくださいw。海外のものが詳しいです。キーワードは「E83 X3 break disk replacement」などです。

ポイントは、ブレーキパッドを固定しているバネの脱着くらいで、ボルトの締め付けトルクが強いため体力は必要ですが、技術的なハードルは高くありません。

フロントディスク新旧比較
6万kmで交換し、10.5万㎞時点、実質4.5万㎞走行したフロントブレーキパッド。まだまだ半分以上あります。貸出メインで、長距離ドライブが多いのでブレーキの負担は少ないのかもしれません。

ブレーキ周りをせっかく分解したので、パーツクリーナーで綺麗にしましょう。

このキャリパーを止めているボルト、右前輪だけものすごく硬かったです。延長パイプを使わないと無理かなぁと諦めかけた最後のトライで回りました。背中がつったw

試走

ディスクの塗装がはがれるまで、ブレーキを踏むとゴーっと嫌な音がします。20㎞程走行したら皮がむけ、いい感じのフィーリングになりました。

防錆塗装がハゲるまでフィーリングは良く無い

ベルトも替えた、プーリーもテンショナーも、LLCも、プラグもコイルも悪いところを替えたし、これで壊れることがない限り、当面消耗品の交換は発生しないはず。と、祈ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください