ZRR80Gノアの売却その(7)~中古車という闇2

昨年2019年11月に4年間乗ったZRR80ノアを売却しました。

売却には様々な方法を試し、結局買取店へ持ち込んで売却したわけですが、そこのお店では売却価格111万円(仕入れ)に対し、139万円の価格で販売していました。

この車を2020年7月に、カーセンサーで距離変わらずで販売されているのを発見したという投稿がこちら。車両本体価格は、1件目の買取店からさらに上がり159.8万円でした。

カーセンサーのお気に入りに登録していたところ、お気に入りから消えたので売れたのかなと思い調べてみると、まだありました(笑)。

年式、グレード、色、距離、傷、交換したエクスワイアのホイールと、私が所有していた車に間違いありません

車両本体価格は145.8万円。車検はなしとなっているので、抹消してあるものと思います。

車両品質評価情報としてのカーセンサー認定で、修復歴無となっています。買い上げの査定時に修復車となる理由としてあげられたスペアタイヤのフロアについては軽い突き上げあとなっていますね。まさに中古車業界の闇、買取時には難癖をつけて安く誘導し、販売時には何事もなかったように高くして売ると。

おそらく販売しているお店が少なくとも3件目になるので、最低2回はオークションへかけられているものと思います。不人気車をつかんでしまうって販売店としても大変なのだなぁと思いますが、145.8万円では売れないでしょうね。車検2年付でそれくらいじゃないと。

この車、2019年10月の売却検討時にはヤフオクに出品し、112万円で一度落札となったわけですが、ヤフオクでもたまにはそういう出物もあるのです。

元オーナーとして、誰かに乗ってほしいとは思いますが、高過ぎですねぇ。海外に持っていくにもコロナの影響で滞っているという話も聞きますし。とりあえず、カーセンサーでお気に入りに登録して見ました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください