anyca満タン返し

anycaで車が返却されたときに、びみゅーに満タンではない時の対応として良いものはないでしょうか。

給油をガソリンスタンドのスタッフがやってくれるフルサービスであれば、満タンといわれれば、売り手側の心理としてできるだけ多く給油するからいいのだけれどね。
これだけセルフ給油のガソリンスタンドが一般的になっていると、「満タン」の感覚も人それぞれで。。。人によっては、ノズルが自動停止した状態が満タンでしょう。ある意味これは過度に給油してこぼす必要が無いので正しいともいえるでしょう。ただ、フルサービスの満タンの場合は、ここから3、4L入れて摺り切りいっぱいまで給油するのが一般的。金額にすると4~500円。これはでかいです。
借り手によっては、車に乗って、ケージが振り切れた、いわゆるフルサービス満タンをイメージしているので、走り出したらすぐにレベルゲージが下がってきてしまうとあまり良い思いはしないでしょう。
Anycaさんでは、ガソリンの後清算という機能を用意してくれています。ただこれ、精算額に10%もAnycaの手数料がかかるんですよね。なので気軽に利用できません。満タンで1万円後清算だと、手数料だけで1,000円もかかるのです。これ、借り手側に請求できないですよね。
あらかじめ燃費を決めておいて、走行距離に応じて清算。これだと、ちょっと貸し手側が得する燃費にしておくとリスクは減らせますが、途中で給油した場合への対応が難しいことや、燃費を気にしない長時間アイドリング、手荒い運転をされる危険が生じるような気がします。

とりあえず、説明文に「ノズルストップから2L入れてください」と書いて様子見としてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください