HDD→容量の少ないSSDへ載せ替え

自宅のノートPCが時々ものすごく遅くなるので、HDDからSSDへ変えてみた。SSDはSK hynixのSL308 HFS250G32TND-N1A2A。NTT-X Store(価格コム最安値)にて購入
遅くなるときは必ずHDDアクセスLEDが付いているので、ディスク性能に問題ありとにらんだのです。

元々300GBのHDDが付いているところ、250GBのSSDへの載せ替えなので、Windows標準のディスクイメージが使えず、市販のディスククローンソフトを使用。SK hynixでもマイグレーションツールを公開しているのだけど、これはエラーが出て使えませんでした。折角SATAとして認識させるUSBアダプタまで買ったのに。。

なので、他のフリーで、利用している方の多そうな「EaseUS Todo Backup Free」を使用。初めディスクを認識せず、あれ?と思ったのですが、このツールはディスクをWindowsのディスクの管理でMBRかGPTでフォーマットしないとダメなんですね。クローン作るのでフォーマットはいらないと思ったのですがどうもダメなようです。

GPTでフォーマットしたら、問題なくクローンができました。

クローン後、SSDへ載せ替え何事もなく起動。起動はずいぶん早くなりましたね。

今回、メーカ製ノートで、パーティション構成が複雑だったのでとても助かりました。昔は、Partition imageでパーティションごとにイメージをとり、新しいディスクへリストアなんかを行っていましたが、ずいぶん楽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください