一条工務店で家を建てる(設計士との打ち合わせ6回目)

2021年6月8日(火)15時~18時

気分を変えて自転車で川崎住宅公園へ。

前回の間取り変更で、現在のところ構造上の問題は出ていないとのこと。ですが、間取り変更の要望を伝えました(妻から・・)。1階の寝室を2部屋分ける。2階のロスガードと洗面台の配置変更。1階は部屋を分けるので窓が増え、そこが構造上の懸念点かもしれません。

他は、エアコンの位置、機種を選んだのと雨どいや軒の色などを選びました。エアコンの話になると、なぜか今までは高断熱・高機密と言っていたのに「3階は熱いから各部屋にエアコンがあったほうが良い」と設計士からのアドバイス。あら?

部屋は小さく3部屋なので、各部屋にではなく、廊下などに高性能のものを設置して1台にするなどと妻は考えていたようですが、各部屋につけることになりました。良く分からなかった先行配管については、室外機の場所が最適になるように使用するとの説明でした。3階から先行配管で地上に落としても最大で工事費5万円とのこと。3階でスリーブだけあらかじめ開けておいて、必要になったらエアコンを付けるとした場合、設置費が高額になるからつけておいた方が良いとのことです。

あと、家の裏側にあたる北側の擁壁の構造を確認していて、場合によっては家を擁壁から更に離さなければならない可能性があると伝えられました。

あまり大した内容を話したつもりはないのですが、あっという間に終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください