一条工務店で家を建てる(土地住宅ローン申し込み)

土地決済を3月30日に控え、土地の部分の住宅ローンの申し込みの為に三井住友信託銀行たまプラーザ支店まで出向きます。

注文住宅で、土地を別に購入する場合は土地と建物の決済がずれるので、住宅ローンも土地と建物を分けて申し込みとなります。

三井住友信託銀行を選んだポイントは次の通り。

  • 審査が通った(当たり前)
  • 融資可能額が一番大きかった
  • 一条工務店の提携で決済の調整とか、一条工務店営業とのやり取りなどで面倒が無さそうだったから
  • 金利はほぼ最安と変わらず(変動金利、融資手数料型で0.525%で、これから投資信託の自動購入をすると-0.03%なので、実質0.495%)
  • 繰り上げ返済がネットからの場合は無料

契約内容としては、30年ローン(笑)の元金均等返済、金利プランは融資手数料型です。当初は10年くらいで繰り上げ返済を予定しているので総支払は少なくて済む保証料型にしようかとも思ったのですが、10年後の状況は不透明なので返済が長引いた時のことを考えて安全な手数料型にしました。

そして申込ですが、なんと3時間もかかりました・・。ヘトヘトです。

東急カードがあると住宅ローン残高に応じてポイントが付くとかで(東急カード・三井住友信託マネークラブ)、急遽隣の東急デパートで即時発行カードを作ったり、投資信託自動購入のために特定口座を開いて商品選んで目論見書を確認してと色々ありました。。

東急カード・三井住友信託マネークラブ:借入残高100万円ごとに150ポイント

https://www.smtb.jp/personal/members/club/tokyu.html#MemberPrivilege-05

5000千万だと5000/100=50, 50*150=7,500ポイント/半年
なので、年間15000ポイントも付くようです。年会費が1100円のようですが、これは完全に作ったほうが得ですね。

良かったのは、子供が6歳、12歳になった1年間は金利が-0.1%になるんだそうです(子育てサポートサービス)。これは申告しないと適用されないらしいので、忘れずに手続きが必要です。-0.1%だと0.395%です。これが4年分は適用されるので大きいですね。

申込当日まで良く調べていなかったのですが、三井住友信託銀行で正解だったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください