久しぶりにCrewパートナー(ドライバー)をしてみた

約半年ぶりにCrewパートナー(ドライバー)をしてみました。理由は、Anyca貸し出しもなくE83 X3が遊んでいること、たまにはE83 X3を運転し状態を確認したいこと、新型コロナの影響でCrewサービスがどうなっているのか、また、夜の街がどうなっているのか気になったこと、気分転換などからです。

Crewサービスは知らないうちに内容を変更していました。時間が20時から翌日3時だったのが、18時から翌日3時と拡大。エリアも以前は感覚的には山手線内だったのが、23区となっているようです。

24時くらいにスタートし、横浜方面から国道1号で都心へ向かいます。すると、蒲田付近からリクエストが。この方を大倉山まで乗せました。この方は毎週末ドライバーとしてCrewを利用しているとのことで、良い情報交換ができました。

その後、終わりでも良いかなと思いつつ五反田まで戻り30分待ってリクエストが無ければ帰ろうと思ったところ、10分ほどで品川から北千束へのリクエスト。初めて、ライダーの方からコーヒーをプレゼントされた。妙にうれしい。

3時前に帰宅で、合計60㎞ほど走行。

結果は以下となりました。謝礼は、最低賃金(深夜割増から)の半分くらいかなぁ。

  • 50代男性:送迎距離 11.9km ガソリン代613円 謝礼ないしょ
  • 30代女性:送迎距離 7.2km ガソリン代411円 謝礼ないしょ

また深夜のドライブをしたくなったらやるかもしれません。

夜間の飲食店に自粛要請って、やはり相当にインパクトあるらしく、以前は平日でも終電前後にはひっきりなしに来たリクエストがほぼありませんでした。街にも人が少なく、目立つのは客待ちのタクシーばかり。飲食やばいね、そして飲食の株を多く保有している自分もやばいね(もうあきらめて長期保有ですけど)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください