BMW E83 LCI X3フロントクランクシャフトシール3回目の交換(128,217km):リベンジ偏

前回、苦労の末にシールを抜き取り、交換したは良いものの、500㎞程の走行でオイルが漏れてきました。中国のコピー部品であるクランクシャフトシールを使用したためだと思い、今度はYahoo!ショッピングで何度か使用したことのあるセントピアからちゃんとしたOEM品を調達します。

が、結果からいうと部品が悪かったわけではなく、取り付け方法がダメでした。挿入はただ入れればいいものと思いきや、挿入時にちゃんと製品付属の白い円柱状の挿入ガイドを使用しないと、シール内側の部分が外へ向かって曲がってしまい、結果漏れてしまうようです。

OEM品を挿入時、何も考えずに初めから抜き取り・挿入の専用工具を使用し圧入たところ、シール内側が一部分折れて外側にはみ出していることに気づき、問題が発覚。このシールは再挿入は出来ないので、2度同じ部品を購入することに。あらら・・・。

でも、今度は自信ありです!

一応交換した記録を残します。

誤って取り付けてしまったシールを取り外し

まずは取り外しです。3回目ともなると、要領も分かり問題なく引き抜くことができました。やはりポイントは、ちゃんとドリルで下穴を作り、専用工具付属のネジをしっかり6本ともねじ込んで引き抜く、これですね。

こんな感じで、またもや漏れが発生しています。補器類ベルトのエンジン側にオイルが付着しているのがわかります。ここに付着するって、クランクプーリーの裏側から漏れる以外ないですからね。
6本のねじをしっかりねじ込んで引き抜きます。液状ガスケットを使用していましたが、問題なく引き抜くことができました。
引き抜いたクランクシャフトシール。液状ガスケットはうまい感じに入り込んで、シールしていたような感じです。この時は気付きませんでしたが、シール内側の茶色い部分がクランクシャフトと接してシールするわけですが、ここはこのようにエンジン外側に向かって曲がっていてはいけません。

新品再挿入、そして再々挿入

セントピアさんから購入したクランクシャフトシール、elringというメーカーです。

OEM品のクランクシャフトシール

前回同様に、専用工具をはじめから使用して挿入したところ、クランクシャフトと接する肝心のシール部分が折れて、一部は外側、一部は内側に曲がるとなってしまいました。なので、その誤って挿入してしまったシールをまた抜き、新たに購入したシールを挿入します。

挿入時は、必ず製品付属の白い挿入ガイドを使用し、シール内側が外へ曲がらないようにしなければなりません。

まずは白いガイドを使用して手で挿入

はじめは手で挿入し、そのあと、専用工具の押す部分をあてて軽くハンマーでたたいたら、内円部分がクランクシャフトに乗りました。ここで白いガイドを取り外し、そのあとは、専用工具を装着してエンジンブロックの面まで挿入します。

挿入後です。わかりにくいですが、内円にあるクランクシャフトと接する部分は、エンジン側に曲がっていなければなりません。それにしても、ガスケットが汚いですね・・。きれいにする余裕がありませんでした。

説明書は読むもの

製品付属の説明書に、ちゃんと書いてあります。よく読みましょう!

ちゃんと挿入ガイドを使用して、シールが曲がらないようにって書いてありますね。なぜ4時間待つのかは不明

今度こそ大丈夫なはずです!

2020/3/11追記
その後1,000kmほど走行していますが、問題なくオイル漏れは止まりました。ふぅー、今回はかなりな強敵でした。
OBD2スキャナーでは、「29E0 Mixture control」と「29E1 Mixture control 2」は消えてくれました。が、「2A82 VANOS intake」については継続して出力され消えてくれません。VANOSソレノイドがおかしいのかもしれませんが、今のところ無症状なのでしばらくは様子見しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください