GO2GOで初めてのシェア。しかし、アプリに重大な欠陥が・・・

登録してから今まで全く問い合わせすらなかったガリバーで有名なIDOM(イドム)提供するマッチングサービスGO2GOで、初めて貸し出しを行いました。

貸し出し時にはAnycaやdカーシェアと同じように、借り手の方の免許証で本人確認を行うとしているのですが、GO2GOでは重大な結果が・・・。免許証を提示してもらっても、アプリにはニックネームと性別、住所が都道府県程度しか表示されません。こんな感じです。

「20代女性 会社員 神奈川県」ニックネーム ○○さん

サポートへ問い合わせたところ、

ご指摘いただきました通り、照合を行なっていただくために必要な情報公開がなされておりません。
その為、免許証では身元確認、有効期限、普通自動車を運転する資格があるかのご確認をしていただき、
本人確認は、『ニックネーム』『ユーザーID』『クルマのナンバー』で照合いただきたく存じます。GO2GO事務局といたしましても、既に課題と認識しており共同使用契約が締結された時点(予約成立)で、
メニューの予約管理内で本名が表示される仕様に変更を進めさせていただいております。

サポートへ免許証での本人照合方法について確認してみました。

との回答です。実質的に、貸し手から、借り手が予約を行った本人かを確認する方法はアプリでは無いのですね。

私の場合、借り手の方のスマホ画面を見させてもらい、確認しましたが。。。dカーシェアでは借りた車を転売するなんてことも起きているのに、大丈夫なんでしょうか。不安に思われる方は一時的にGO2GOでの公開をやめた方が無難かもしれません。

例えばですが、偽造や盗難などで入手した免許証でユーザー登録し、借りるときに自分の免許証を提示して車を受け取るなんてことをやられても、借りたのがだれなのかわからないです。現在顔写真登録も任意のようですし。システム的な改修に時間がかかるというのであれば、顔写真を必須とするなど運用でのある程度の対策が必要なのではと思うのですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください