持株会を利用して得する方法、1単元溜まったらこまめに証券口座へ引き継ぎ

上場企業、または上場企業のグループ会社に勤めていると、福利厚生の一環として持株会制度がある場合が多いと思います。

持株会は、会社にとっては長期保有が望める安定的な株主を増やすことができるとともに、会社の利益に貢献しようという動機から業務パフォーマンスの向上が望めるというメリットがあるように思います。

社員にとっては、通常、会社から株式購入についてある程度の補助金が出る場合が多く、金銭的なメリットを享受できるとともに、通常は100株などの1単元からの売買となる株式を毎月少額で購入できる、また手数料もかからないといったメリットがあるでしょう。場合によっては大きく業績を伸ばし、株価が上がると資産価値の向上が望めるかもしれません。

持株会を利用する場合、購入したら長期保有する場合がほとんどでしょうが、これを1単元溜まったら証券口座へ引き継ぎ、売却することで、会社から支給される補助金分得してしまおうと考えました。

私の会社の場合、1口1,000円で、最大50口50,000円まで毎月持株会での積立金として利用できます。その際、1口につき800円、50口では4,400円の会社からの補助として持株奨励金が支給されます。率にして4,400/50,000=0.088、約9%にもなります。これを利用しない手は無いでしょう。因みに、賞与については3倍の積立金、奨励金となるので、積立金150,000円、奨励金13,200円です。年間にして18か月分×4,400円=79,200円も支給されるんです。

これを利用しない手はありません。ただ問題が、、。そんなに余裕がないよ、という場合がほとんどでしょう。私も住宅ローンを抱えており、毎月5万円も余裕はありません。これを始めてから口座残高は減る一方、賞与で少し補填という感じになってしまいました。

そこで考えたのは、別にためておく必要はないのです。奨励金だけをもらって、あとは1単元溜まったら証券口座へ引き継ぎ、売却するのです。これなら半年くらいで1単元となるので、資金的なショートは心配ないはず。まるまる奨励金を手に入れられるはず!

と、早速野村證券に口座を作ってみるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください