Bromptonフロントフォークメンテナンス

フロントフォークのベアリングを点検してみます。まずは、ハンドルが取り付けられている部分(ステム?)を取り外します。ステムをおると見えるボルトを取り外します。これがスレッドヘッドの締め付けボルトになっています。

こんな感じになります。

ヘッドパーツを取り外します。大口のうす口スパナが必要です。自分の場合、1枚で4つのサイズが使えるこの4 in 1ヘッドセットレンチを使用しています

後は大きめのモンキーを組み合わせてロックナットを取り外します。

ヘッドパーツは問題なさそうです。

ヘッドパーツ
ヘッドパーツ

たっぷりとグリスを塗って組み付けです。締め付け具合は自己流ですが手でまわして締まる程度で止めて、ハンドルを回して引っかかりが無いことを確かめて、という感じです。

グリスの入れ替え
グリスの入れ替え

ステムは結構色がはげていたので、勢いで余っていたシャーシーブラックを使って塗装してみました。

シャーシーブラックで塗装
シャーシーブラックで塗装

玄関先に針金でつるしてスプレーで3度塗りました。純正の塗装はラメが混じっていますが、ソリッドなブラックとなります。かなり塗装が傷んでいたのでそれも良しとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください