Brompton BB交換

このBromptonは台湾製の様です。BBはカップアンドコーンが使用されていて、分解したところグリス切れが起きていたようで、クランク軸にかじったような跡がありました。

分解したところ
分解したところ
右側の玉受けにかじったような跡
右側の玉受けにかじったような跡

そんなに高速走行するわけではないので、気にならないかもしれませんが、たまたまヤフオクで現行ブロンプトンの純正BBが出品されていたので、落札して交換することにしました。

落札価格 100円、送料 390円

現行の純正カートリッジ式BB

現行の純正カートリッジ式BB

右側(チェーンリング側)が逆ネジになるように取り付けます。気になったのは逆ネジのほうにLH、反対側にRHと刻印があること。ドイツ製でしたがなぜなのでしょう?

このBBの閉め込みには専用工具が必要です。パークツールから出てているBBT-4というものです。

これ一回のために工具を買うのももったいないので、ウォーターポンププライヤーでまわしてしまいました。フックレンチで回すこともできるようです。ただ、このBBのネジ部分はプラスチック製なので、どうしても傷がついてしまいます。きれいにくみ上げるには専用工具を使用したほうがいいでしょう。

たっぷりとグリスを塗って組み付け終了です。カートリッジ式なのでメンテナンスフリーで使えるだけでも相当楽ですね。

現行純正BBの組み付け完了
現行純正BBの組み付け完了

組み付けて気付いたことは、もともとついていたBBはフィキシングボルトではなく、BB軸にボルトが一体となっているため、ナットを閉め込んでクランクを取り付けるということです。購入した現行純正BBにはフィキシングボルトがありません・・。たまたま、先週友人が廃棄する予定というマウンテンバイクをもらってきていて、これのフィキシングボルトがぴったり使用することができて事なきを得ました。

買うと結構高いんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください