Bromptonリアヒンジブッシュ交換(1)

ジャンクで購入したBromptonです。
リアのヒンジ(フレーム)の可動部分のネジが緩んでいることに気付きました。

Rear hing

調べてみると、良く緩む部分らしいです。折りたたむときに、ここを軸にリアタイヤがぐるっと回る重要な部分ですが、走行中もサスペンション効果で動いているからでしょうか。

補修部品をネットで探してみると、国内のお店で幅広くBromptonの補修部品を扱っているお店(CYCLETECH-IKD)がありました。BROMPTON Rear hinge spindle kit with tools

Part Number: 9040216
Part Number: 9040216

4,095円と値が張りますが、これがないと走行できないので購入しました。ついでに、リア内装変速器へ接続するチェーンも紛失してしまっていたので、BROMPTON Gear Indicator Chain 3spd STURMEY Pre 2004も購入です。

Part Number: 9011117
Part Number: 9011117

こんなチェーンが840円もするなんて。やはり小径車は専用部品のオンパレードで、足を踏み入れてはいけない領域だったのかもしれません。

組み付けは後ほど。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください