道志道沿いのキャンプ場

奥道志オートキャンプ場
富士山方面は遠いということになり、近場のキャンプ場を利用してみました。道志のキャンプ場は横浜市民に特典があるというのも選択理由の一つです。
横浜方面からのアクセスの場合、東名、中央、下道で道志みちを行くという方法があります。渋滞が無ければ圧倒的に高速で行った方が早いのですが、連休で結構な渋滞が発生していたので、相模原から下道で行きました。空いていれば高速だと2時間ちょい、下道で3時間弱といった感じです。
このキャンプ場は炊事場、トイレ、管理棟などコンパクトにまとまっていてとても使いやすいです。また、管理人さんの管理が行き届いていてトイレもテントサイトもとてもきれいです。タイミングが良く、夜にはたくさんの蛍が見えました。40過ぎですが、こんなにたくさんの蛍が飛んでいるのを見たのは初めてで、なかなか感度です。
川で水遊びもできるし、林間なので涼しいし、サイトは木陰で直射日光は避けられるし、夏場にはとても良いキャンプ場でした。ただ、川遊びをするとぶよにかまれます。結構晴れて、しばらく熱っぽくなります。子供だと掻き崩してしまい完治に時間がかかってしまう場合があるので要注意。虫よけはほとんど効果なかったですね。

このキャンプ場へ行くなら、水槽にもなる虫かごをもっていきましょう。川に入れると水中眼鏡のようにしても使えます!

山伏オートキャンプ場
ここも横浜市民優待が使えます。
平日に1泊しました。元々は2泊の予定でしたが、台風が近づいてきたため、2日目は泊まらず夕方に退散しました。
奥道志オートキャンプ場に比べると敷地も広く、ゆったりとしたつくりです。キャンプサイトの区画にも岩や木が植えてありとなりはそれほど気にならないかもしれません。ただ、泊まったのが平日のため、週末の混雑した時に利用するとまた違った感想かもしれません。
川遊びもできます。サワガニ見つけましたよ。
花火は管理棟前の砂利地で行う事が出来ます。キャンプサイトでの花火は禁止です。花火が終わり、サイトへ戻るときに、管理人の方に呼びかけられ、一杯いただきました。お話好きな方の様です。キャンプ場をやってみたいなーと思ったこともあるのでいろいろと話が聞けて楽しかったです。道志では冬が寒む、水道が凍ってしまうこともあり閉鎖するキャンプ場がほとんどのようです。経営を考えると通年営業じゃないと厳しいと思いますので、立地として道志は難しいのかなと思いました。しかし、道志道沿いだけでも相当数のキャンプ場があるので、みなさん副業を兼ねて経営されているのでしょうか。

どちらのキャンプ場も電話予約が基本です。オンラインで予約できるようになれば、利用者も管理の方も楽になると思うのですけどね。。管理人の方、もし予約のオンライン化についてご興味があればご連絡ください、コンサルします(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください