V-ストローム650 ABS パニアケース装備 2013モデル

気になりだすともう頭の中にリフレインが止まらなくなる性格で、最近はMTB→オートバイとなって困る。西東京のほうへ行く用事が出来たので、気になるV-strom 650の中古車を見てきた。走行距離1000km以下で、純正パニアケース付きで69.9万円。

ノリノリで見に出かけたのだが、結果的には実車を確認して良かった。
V-strom 650の実車をみるのは初めて。値段が抑えられていて突如気になる存在になった。しかし、あまりにも作りが安っぽくてだめだわ。車体左側のプラスティック製エンジンカバーが子どもっぽい。純正のパニアケースなのに装着した時のまとまりがとても悪い。純正といってもただのHEPCO&BECKER製の市販品に近いものが装着されている。キーもメインキーと別になってしまうとのこと。おっさんになるともう少し上質な物がほしくなるのでした。

同じ店にあったスーパーテネレが実車は写真以上に出来がよく見えて、候補に再浮上。V-strom 1000を見てから考えることにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください