FH-5800+Open Pro36本ホイール手組

今まで使用していたBH Deseo、GIANT R3は処分してしまったので、Panasonic FRC36を通勤自転車に使おうということで、リアホイールを手組みしてみた。

パーツは冒険せずに、リムはシマノ105(FH-5800)、リムはMAVIC Open Pro、スポークはサイクルベースあさひオリジナル(?)っぽい#15ステンレス。

ちなみに、購入はすべてサイクルベースあさひ

 

スポークは耐久性を考え36本にしてみた。手組だからあまり完組では無い本数にしてみたかったこともある。

スポーク長さはネットでいろいろとハブのサイズの情報を推測して以下の値で計算。

スポーク長さ

有効リム径(602mm)、リム穴オフセット0mm、ハブスポーク径2.5mm、36本スポーク、3交差

計算サイト:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.length.html
上記サイトはなくなってしまったようです。。。他にもいくつかありますので適当にググってください。サイトによって使用する値が違うので、適宜置き換えてくださいね。

■ノンフリー側
・ロックナット-フランジ間距離:26.9mm
・ハブスポーク穴PCD:44mm
・ロックナット間距離:130mm
結果201.9mm≒292mm

■フリー側
・ロックナット-フランジ間距離:46.2mm
・ハブスポーク穴PCD:45mm
・ロックナット間距離:130mm
結果289,8mm≒290mm

290mmのスポークは以前組んだ時の余りがあるので、292mmだけ調達した。

縦振れをとり、センターを合わせ、横振れをとるという流れ。5本目のホイールでカンがつかめてきた感じ。いい感じで振れとりができた。

36スポーク手組ホイール

クラシカルなシルバーが気に入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください