高スワップポイント通貨のリスク

高スワップポイント通貨のリスクを考えてみる。

  • 金利が高いと言うことは、将来的に為替レートが下落する可能性が高い。
  • スワップポイントは上がるときもあるが、いきなり半分になってしまう可能性もある。
  • 主要通貨に比べ為替レートの上げ下げが大きい傾向がある。通貨危機の際は特に。
  • スブレッドが大きいので、頻繁な取引に向かない。

考えることは多い…

1つ目は、スワップ金利よりも下落率が大きいかということ。南アランドのスワップ金利は良いところで5%ちょい。チャートで近似線を引いてみると1%ちょいの平均下落率となった。これは大丈夫そう。

スワップポイントが下がってしまったら止めて他の錬金術を考えるから大きなリスクではない。

かなりな資金力が必要だが、一度に購入ではなく、定期的に分散して購入し、建玉平均レートを下げる事で対応

資金の拘束が起きるので、あくまでも余裕資産で、が原則か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください