遅れて確定申告

FXでそれなりな利益を得て、FXも株と同じに特定口座にしていると思って全く確定申告を意識していなかったが、FXには特定口座の制度がないことを知る。後から変なことになるといやなので、税務署へ確定申告へ行ってきた。

事前に確定申告作成コーナーを利用してオンラインで書類を作成していった。手続きはいたって簡単で、総合窓口で遅れて確定申告をしたい旨を告げ、順番を待つ。

担当の方と簡単なヒヤリング、他の投資等で損益が出ていれば相殺できるとか、過去の取引は申告しているか等。

後は、作成してきた書類と、源泉徴収票、FXの証券会社(自分の場合はGMOクリック証券)からダウンロードしたH26年の明細を合わせて提出。問題なく受理され、税金を計算。

自ら申し出ての申告だったので、5%ほどの、無申告加算税\20,500を加算されたものを当日に納めて無事に完了。後から遅延した利子分の請求が数千円来るらしい。さりげなくフレッツ光りの料金として、通信費7万弱の経費を計上したがこれは何も言われなかった。自営業の人の感覚が少しわかった瞬間だったな。

来年も確定申告が必要くらい利益が出て、期日内に収めるられることを願いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください